プラモデル製作日記〜フェラーリディノ♯1下地〜塗装編

ロータスヨーロッパとポルシェ立て続けに作り疲労困憊してちょっとお休みしていたプラモ製作再開します。

今回はサーキットの狼シリーズ第三弾w って事でライバル沖田のフェラーリディノを製作します。

モデルはいつものフジミ製w
今回もトラップ多そうでワクワクしますw

このモデルはメルカリで落としました。
流石にもう売ってないので探すのにちょっと時間掛かりました

とりあえず正月休みに作ろうと思うので、時間の掛かるボディの塗装だけ年内に仕上げて、後は正月休みにコツコツと暇つぶしがてら作って行きます。

まずは、中性洗剤で油と汚れを落とし、フロントバンパーの合わせ目消しをしますが、これやはりパテじゃ無いとダメでした

ボディは♯800番で水研ぎしてプレスラインやらヒケなど消し、滑らかに下処理。

サーフェーサー吹く前

白のサーフェーサー吹いて発色しやすくしました。
サーフェーサー吹いた後、ボディ全体を♯2000番で軽く水研ぎ

色はモンザレッド
良い色に塗れました!

タレたけどヤスリで修正して部分的に再塗装。
まぁまぁ綺麗に塗れました。

後は1週間くらい乾燥して、デカール貼ってからクリア吹きます。
また進んだら更新します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です