プラモデル製作日記〜ポルシェブラックバード♯1

最近プラモデル製作も慣れてきたせいか、作るのが早くなってきた今日この頃ですww

今回作るのは湾岸ミッドナイトで悪魔のZのライバル
湾岸線の怪鳥と呼ばれたブラックバード(ポルシェターボ)の製作をします。
漫画では最初は930ターボでしたが途中からより速さを求めるため964ターボに乗り換え、車検も通らないカーボンボディに作り替え湾岸を爆走する設定になってますww

そんな訳で購入したのがこれ↓

これは多分最初の930ターボ仕様の箱絵だと思います。
フロントウインカーの形状やバンパーも964と違ってる感じ。

ネットで探して拝借させて頂いた写真

930ターボ

この930ターボのバンパーに丸いフォグに付け替えたイメージが漫画仕様になってると思われます。

続いて964ターボ
バンパーやウインカーの色など違います

漫画の箱絵ではなくこの実車の964ターボに近づけるように作りたいです。

リアウイングはなぜかこの964ターボと同じ形状w

なので、930ターボですが何となく964ターボ仕様にした悲しいブラックバードとなりますww


ホイールはBBSのLM18インチと思われるのでこれを別に購入します。

まずはフォルムチェック
ノーマルバンパーでのフォルム

このノーマルバンパー形状にフォグを付けてくれればよかったのに…
湾岸仕様バンパーを仮に置いて見たら…
(T ^ T)

このクエのような下唇wに似たバンパーはいただけませんw
それと屋根にはサンルーフの切りかきがありますが、湾岸仕様に重量の重くなるサンルーフなど不要なので当然パテ埋めしますw

改造する所は
・バンパーをなるべく出っ張らないように厚さを調整する。
・サンルーフのパテ埋め
・バンパー下のグリル横を穴あけ
・フロントウインカーをオレンジ1色ではなくクリアとオレンジに分ける
・フォグの色は黄色ではなく白に変更
こんな感じで製作していきます。

まずノーマルフロントバンパーを切断して左右コーナー部分をヤスリがけして何るべく平らになるように加工

湾岸バンパーはとてつもなく分厚いので裏からとにかくヤスリ掛けして厚さを薄くギリギリまで攻め、穴も開けます

加工後の仮合わせ。
良い感じになりました。
これ以上薄くできないので納得いかないですがバンパーはこれで妥協します(T ^ T)

削って出来た段差をパテ埋めします
サンルーフも合わせてパテ埋め

サーフェーサー吹いて、筋彫り入れて、修正のヤスリ掛け。
ここで最大のミス…(T ^ T)
バンパーパテ埋めしたことによってボディとバンパーの線が消えてしまったのでフリーハンドで筋彫りしたらガタガタに……
ショックで暫し呆然(T ^ T)
見ないことにしてヤスリ掛けしてごまかしこのまま続行することにしましたw

塗装完了

クリア前にデカール貼って、フェンダーのウインカーに色を付け、フォグやドアノブ、グリルなど後でラバーブラックなどで塗装するところをシルバーに塗っておきました

ここでまた痛恨のミスw
リアのデカールはターボだったはずでしたが、付属のデカールにはカレラRSしかなかったので何となく貼ってしまいましたがこれはダサいww
剥がそうと色々試しましたがボディに傷がつくので諦めました。
デカール無しにすれば良かったと後悔しております(T ^ T)

クリア1度吹き、この後水研ぎして2回目クリア塗ります
また進みましたら更新します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です